アルギニンは、体内で一酸化窒素(NO)という物質に転換されます。 一酸化窒素(NO)は、主に次の2つの効果を発揮してくれます。筋肥大に関係する、筋サテライト細胞を活発化する。

血管を拡張し、血流を活性化させる。筋サテライト細胞とは、筋トレによって破壊された筋肉が補修される際に筋肉の材料となる細胞です。 この細胞が一酸化窒素(NO)により活性化することで、筋肉の修復をより効率良く行えるようになります。 また、一酸化窒素(NO)により血の巡りが円滑になりると、体内の酸素や栄養の循環が良くなり、ヒーリングの効果も望めます。このように、アルギニンが体内が影響する一酸化窒素(NO)は、筋肥大や疲労回復に関わりあっているのです。アルギニンには、成長ホルモンを助長する効果や、アンモニアの取り払いを促す効果があると言われています。 成長ホルモンは、筋肉や骨を強くする作用のあるホルモンです。 アルギニンの摂り入れは、成長ホルモンの分泌を促し、筋肉の修復の役に立ってくれます。
アルギニンはサプリでも取り入れることができます。精力サプリに多く含まれていますが、特にオススメのサプリはペプチア 評判が良く40代以降の男性に人気です。