ヒューストンのテキサス大学健康科学センターが行なった3700人以上の男の人を対象とした調査によれば、朝のコーヒーがあなたの性生活を改善するかもしれません。

1日に2、3杯のコーヒーに相当する170~375mgのカフェインを採取した人は、コーヒーを飲まなかった人に比べると、EDの問題に悩む可能性が低い結果が出たそうです。なぜそうなっているかというと、カフェインは男性のものの動脈を弛緩させ血流が増すのを推し進めるため、体に対しひと通りの効き目がもたらされるとのこと。それは、「バイアグラのような治療薬(ED薬)に似た効果を生み出します」と、この研究の著者たちは説明しています。ある男性グループを2分し、一方のグループに1年間1日につき3332IU(アイユー)のビタミンDを摂り入れてもらい、もう一つのグループにはビタミンDを含有しないプラセボ(有効成分を混ざっていない薬)を1年間投与したリサーチを行なったそうです。その結果…ビタミンDを摂り入れた男性グループにおいて、情欲の力の元となる「遊離テストステロン」のレベルが著しく増えてきたという結果を出しているとのことなのです。
コーヒーが苦手な方、ビタミンDをうまく取り入れられない方は精力サプリの活用が有効です。精力サプリの中でもプロキオンはニンニクの有効成分が13玉分も含まれています。プロキオン 口コミは良く50代以降の人にも人気の商品となっています。