雑炊は、低カロリーのダイエット食を作りたいときに活用できます。雑炊に使うご飯の量は多くはないですが、十分に一食分のボリュームになり、カロリーを抑えられます。普段作る雑炊に、少し工夫をすることによって、ダイエット食品に向いたダイエット雑炊が作れます。

ダイエットスープと呼ばれているようなスープをベースに雑炊を作れば、もっと本格的なダイエット雑炊になります。キャベツ、たまねぎ、トマト、セロリ、ピーマン、にんじん、しょうがを使ってスープを作るのが、ダイエットスープの特徴です。コンブ、かつお節、鶏がらだしで煮るのがポイントです。脂肪燃焼スープにご飯を足すことで、満腹度もアップし、不要な脂肪を燃やす助けにすることができます。味つけを工夫することで、リゾット風味の雑炊にもできます。カレーパウダーやトマトソースを活用することで、全体の味を大きく変化させることが可能です。雑炊を作るのが面倒と言う人であれば、通信販売などでレトルトのダイエット雑炊を購入するのもいいでしょう。ダイエット効果がある雑炊は、まとまった量を購入することで、幾つかの味の種類がパックになって販売されていることもあります。ダイエット用の雑炊は、カロリーもかなり控えめになっているので、安心して食べ続けることができます。
ラクビ 販売店舗