健康を維持するためには体重や体型の管理が大事ですが、その前提には標準体重があります。BMI法によって標準体重を決めるという計算方法が、標準体重の求め方の中では一般的です。

BMIは、標準体重を決めるために使うことになっている式があります。BMIによる計算をした場合、標準体重はBMI22です。統計上、BMI22の人が最も高血圧や高脂血症になりにくく、肝障害や耐糖能異常になりにくいとされています。体脂肪率は、BMIの数値には直接関わっていません。この考え方は、筋肉量の多い少ないに関係なく同じ結果が出ると考えられます。標準体重で出た数値は、標準体型とイコールというものではありません。脂肪は筋肉より軽い物質なので、標準体重と一口にいっても、脂肪が多い人はその分だけふっくらとした体型になると言われています。筋肉の割合が多い人は、脂肪が多いひとよりずっと体型の割に体重が重くなりますので、太っていると勘違いしやすいようです。目指すべき体型は、どんな体型になりたいかという考え方にもよります。体じゅうに適度な筋肉をつけたいという人もいますし、とにかくすらりとほっそりしたい方もいます。個人の好みや求める方向性によって、標準体重や理想となる体型には違いが生じるようです。Sinai