私は先に「今、どんな服が欲しいか」と考えてから買い物に行くようにしています。といっても、以前はデザインが気に入った服はその場ですぐに買ってしまっていました。
手持ちの洋服と合わなかったり、近々着ていけるような場所もとくになかったりしてタンスの肥やしになってしまうこともありました。

しかし、「今度のデートで手持ちのスカートを履きたいから、合いそうなニットが欲しい」「今度旅行にいくから動きやすさ重視で、でも細見えするパンツがほしい」
など、今具体的に何が欲しいか考えてから買い物に行くことによって、服がタンスの肥やしになることはほぼなくなりました。

ただ、欲しい服があってもすぐには買いません。イメージ違いを防ぐために試着は必ずするようにしています。
マネキンや店員さんが着ているのを見て、あの服素敵だなぁと思っても、自分にしっくりくるとは限らないためです。
試着し、顔色が悪く見えないか、太って見えないか、値段以上に安っぽい素材に見えないか、などをチェックします。
前向きだけではなく、横向きや後ろ向きも確認するようにすると失敗が少ないです。

今欲しい服をしっかりチェックし、自分の中で確認したうえで試着をしてから購入するのが私のファッションのこだわりです。